低用量ピルで胸が張ったり、イライラするのは副作用?

低用量ピルに限らず、どんな薬でも飲むことで副作用が出る可能性はあります。低用量ピルの副作用は、吐き気や嘔吐、胸が張る、イライラするなど、身体と心どちらにも影響があると言われています。これは低用量ピルに女性ホルモンが配合されていて、その働きによって排卵を防いだりして妊娠を避けるための避妊薬だということが理由です。
女性の身体は女性ホルモンの分泌量の変化により、心も身体もさまざまな影響を受けていることは良く知られています。生理前のPMSや閉経近くなってから症状が出る更年期障害も女性ホルモンの分泌量が大きく乱れることが原因となっていて、のぼせ、ほてり、不眠、イライラ、わけもなく落ち込むなどの心と身体、どちらにも影響が出ます。低用量ピルを飲むと、女性の身体の中の女性ホルモンの分泌量が妊娠中や閉経中のようなレベルに調整されるため、排卵が起きなくなります。そのため、妊娠中だと勘違いした身体にはつわりと似たような症状が起こることがあり、それが低用量ピルを飲んだ時の副作用として、吐き気や胸の張り、イライラとして現れるのです。吐き気が酷い場合には市販の酔い止めを服用しても良いと言われています。低用量ピルを飲んだことによる副作用は、1シート目が終わるまでは様子を見ても良いでしょう。2シート、3シートと服用しても胸の張りやイライラ、吐き気といった副作用があるようならば、処方してもらった医師に相談してみましょう。低用量ピルの種類を変更したら、それらの副作用が治まったという人もいます。同じ低用量ピルでも配合されている成分が違うため、自分にあったものを飲むことで副作用もなく、避妊効果が期待できるようになります。