怒りの沸点が低い女性に効果的な低用量ピルと種類

低用量ピルには、卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2種類の女性ホルモンが含まれており、脳下垂体に働きかけて排卵を抑制させます。
また子宮内膜を厚くするのを防ぎ受精卵を着床しにくくする他、子宮頸管の粘液を変化させて精子を子宮に入りにくくさせるため、妊娠を防ぐことができます。
こうした避妊薬として効果を発揮する低用量ピルですが、日本ではまだ避妊目的で使用する人は少なく、月経困難症や子宮内膜症などの治療薬として使用されることがほとんどです。
ピルには2種類の女性ホルモンが含まれているので、ホルモンバランスが乱れることで起こる月経不順を改善することが可能で、月経の周期が規則正しくなることで月経痛も軽減することができます。
またピルの作用によって生理を止めることで、子宮内膜症組織を萎縮させて治療を行うことができます。
中でも生理前にイライラしたり体調不良を起こす月経前症候群の症状を軽減させるには、低用量ピルは効果的です。

月経前症候群とは、月経前になると怒りの沸点が低くなり、いつもの自分ではないほどイライラしたり、頭痛やむくみなどが起こる症状です
現代女性の8割が生理痛やこの月経前症候群に悩まされているといわれる中、生理前に憂鬱になる人も少なくないのではないでしょうか。怒りの沸点が低くなる月経前症候群の症状は、特に小さい子供を育てている母親にとって心の不安につながります。普段なら気にならないことでも、この時期にはすぐに子供を怒ってしまい、後で自分を責め後悔してしまう人も少なくありません。これがホルモンバランスが乱れることによって起こることだと知らない場合には、心に不調をきたしひどい場合には鬱状態になることもあります。
そのため2種類の女性ホルモンによって、乱れたホルモンバランスを整える低用量ピルを服用することで、これらの症状を緩和させ、怒りの沸点を高めることにもつながります。