テレビ会議は多くの現場で利用されてきていますが、ビジネスにおいてもさまざまな活用事例があります。最も多いパターンは支店と本店など、決まった場所での会議です。会議のたびに本店に出張して会議をするケースが多くなっていましたが、出張のコストが大幅にかかりますし、なにより時間がもったいないと考えられています。しかし、電話での連絡ではうまくコミュニケーションが取れないケースも多いです。

そこで注目されたのがテレビ会議です。ビジネスは時間との勝負ですが、すぐに意思疎通が取れるシステムはビジネスにおいては強い味方です。また、テレビ会議は場所を選ばずに参加できるのも強みです。電話回線がLTEやWIFIの発達で高速通信に対応してきたこともあり、多くの方がモバイル環境をもっている時代です。

PCにテレビ会議用のカメラとマイクが内蔵されているケースも多くなっており、どこからでも参加できるようになっています。また、PCを利用することでパワーポイントや画像、動画が自由に利用できるのも表現力向上で評価されています。PCの利用は一般化しつつありますが、さらに増えているのがモバイル端末です。スマートフォンやタブレットは高機能かし、それ自体にネットワーク設備がついていますからすぐにインターネットに接続でき、テレビ会議にも対応しやすい環境です。

システムによっては最初からタブレットを想定した作りになっているケースも多くなってきています。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です