カメラとマイクの高性能化は新たなテレビ会議システムの開発に弾みがつく要因となりました。従来のテレビ会議といえば大きなカメラと集音性の低いマイクで構成されていましたが、現在ではフルハイビジョン対応のウェブカメラと高音質なマイクで気軽にテレビ会議が開ける時代です。ビジネスではもともと電話回線を利用したテレビ会議が利用されてきていました。しかし、この仕組は場所を選ばないという利点はありますが、相手が見えない、プレゼン資料は個別に印刷するなどして配布されるなど面倒も多かったようです。

現在ではプレゼン資料はPDFなどでPCに転送されて利用されますが、電話だけでは伝わりづらいことは改善されていません。ビジネスでは使える技術はどんどん活用されてきていますが、テレビ会議においてはインターネットとウェブカメラが着目されています。インターネットは低価格、高性能化が顕著であり、個人用の回線であっても数十MBの転送帯域が確保されている時代です。そのため、ハイビジョンカメラであってもビジネスで利用できる時代であり、会議においても表現力が格段にアップしたとして好評を得ています。

また、PC内蔵のカメラの高画質化も際立ってきており、専用カメラを用意すること無く会議ができることは注目すべき点です。ビジネスにおいて会議は従来時間やコストがかかるものと言われてきていましたが、最新技術を低コストで利用することで効率的な会議に生まれ変わらせることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です