テレビ会議システムはビジネス用で開始され、現在も多くの企業で利用され、開発が進んでいます。システムとしてはカメラ、マイクがあり、それらのデータを転送する機材から構成されています。伝送部分については電話回線を利用するシステムからインターネット回線への対応が進んでいます。中には電話とインターネットを同時に利用するハイブリッド型も好評です。

ビジネスにおいて会議は意思疎通の手段ですが、決定機関としての役目も果たします。そのため、議題に上げるプレゼン資料は重要度が増してきており、表現力の向上が求められています。表現力については従来はカメラに紙を表示させる程度でしたが、パワーポイントや動画などを同時に表示することも可能になってきています。また、ビジネスにおいて重要度が増しているリアルタイム描写についても追加カメラに対応することで実現されてきています。

表現力で実現できていないのは触覚、味覚などに限定されてきています。テレビ会議システムはカメラの高画質化によって転送量が増えて問題になりましたが、圧縮技術の発達によって帯域が広くない回線であっても高画質配信が可能になってきています。特にテレビ会議システムのモバイル対応が注目されており、WIFIやLTE、3G回線をうまく利用した会議を実現させてきています。また、これらのモバイル回線では転送量が特に重要視されますが、圧縮や音声のみ配信などのオプションを用意して対応してきています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です