テレビ会議は1対1の会議から数十人、数百人単位の会議までさまざまなシステム構成がとれます。特にビジネス用のテレビ会議システムは多岐にわたっており、コスト、規模、機材で自由に選択できるようになってきています。テレビ会議システムはカメラとマイクが重要視されるケースが多いですが、それらの機材からのデータをしっかり配信するネットワークと配信ソフトも重要です。ネットワークはビジネス分野では古くから電話回線やISDNなどが利用されてきています。

しかし、これらの回線は帯域が狭いことから現在では多くがインターネット回線の利用となっています。インターネットを利用することでハイビジョンにも対応することができるようになり、カメラの高解像度化にうまく対応してくれています。また、データ帯域が広がったことでマイクについても高音質なデータ送信ができ、多人数による会議でもうまく聞き取れる様になってきています。ビジネス分野は会議は確実なデータ送信が重要です。

そのため専用機材で圧縮してしっかり送受信することが求められてきましたが、PCの高性能化が専用機材を不要にしてきています。専用機材の代わりにPCを利用する際、当初はカメラの画質がそれほど高くないことが問題視されていましたが、フルハイビジョン対応のウェブカメラが一般化してきたこともあり、十分画質、音質が得られるようになってきています。また、画像や動画を一緒に流すなどPCならではの利用も可能です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です