ビジネスでは確実性が重要です。システムの不備で会議が延期などは絶対に避けなくてはなりません。そのため、多くの企業では据え置き型の専用テレビ会議システムを構築することが多くなっています。これらの機材は場所が固定されますが、時間通りに進められるのがメリットです。

しかし、場所の制限はとても不自由なものです。特に出張が多い、外出が多い場合などには場所に関係なく会議に参加したいものです。ビジネス用のテレビ会議システムは年々小型化、低価格化が進んでいますが、特にPCを利用したクラウド対応型のシステム構成が人気です。クラウドはネットワーク上で会議映像を適正に分散配信してくれる仕組みですが、専用のソフトや機材が必要なケースが多かったようです。

しかし、PCの高機能化によってクラウド側では映像の分散配信にこだわった実装が進んでいます。ビジネス用のテレビ会議システムでは高画質なカメラと高音質なマイクが重要でもありますが、PCに内蔵されているカメラやマイクは年々高性能化しており、会議でも十分利用出来る性能があります。ただし、複数人でテレビ会議をするケースなどでは集音性の高い専用マイクが必要になるケースもあります。どちらのケースもビジネスごとに選択することができる自由度がクラウド型のメリットとも言えます。

テレビ会議システムは価格が下落傾向にありますが、PCや携帯端末を効率よく利用する仕組みを使えばさらに低価格で利用出来る時代になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です