ネット社会の躍進により、さまざまなところに変化が生まれていますが、テレビ会議の大幅な普及にもその影響があらわれているといえるでしょう。従前であれば、多くの社員が本社に集まるなどして行われていた会議も、通信技術の躍進により、移動を伴うことなく行われるようになってきました。企業にとっては、無駄な交通費や移動にかかる時間などが節約できるとして、テレビ会議については、大きな有用性があるとして期待を寄せているのです。テレビ会議では、当然ながら、電話とは異なり、相手の表情を見ることが可能なことに加え、グラフやデータなどの資料も見ることができることから、企業においては、大きなメリットがあるとして、重宝しているのです。

テレビ会議の躍進については、時間や経費の無駄を抑制することができるという大きなメリットはさることながら、ひいては、従業員の労働時間を短時間にすることができるという要素も含んでいます。移動の時間がなくなることから、その分の時間を仕事に充てることが可能といえるのです。このことによって、残業時間などが減り、ワークライフバランスに向けて大きく前進が期待できるといえるでしょう。ワークライフバランスとは、朝から晩まで会社にいるという働き方に警鐘を鳴らすものであり、徐々に浸透してきています。

男性もはやく家に帰って、家事や介護などを手伝い、女性の負担を軽くしようというものです。今後においても、目が離せません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です