テレビ会議とは、遠隔地にいる相手と画像および音声による会議を行うことです。また、1地点対1地点でなく、複数の拠点とも同時に会議することができます。たとえば、日本とアメリカとドイツの各事業所と会議をしたい場合は、多地点接続装置(MCU)というサーバーに接続することで会議が可能になります。このシステムを使うと、会議のための出張に行く回数を減らすことができます。

これにより、出張費を削減することができ、移動に関する時間的ロスを防ぐことができます。また、会議の場に複数の関係者が参加するため、これまで会うことがなかった人達ともコミュニケーションが取れるようになります。システムの操作性もそれほど難しくなく、リモコン一つで操作できる機種もあります。テレビ会議システムは、会議場に専用として置かれるタイプや、コンパクト化されて持ち運びができるタイプなど、いくつかの種類があります。

またWeb会議といって、個人のパソコンに専用のソフトウェアをインストールして、カメラ、マイク、スピーカーをつなげることで会議をすることもできます。これらのタイプはそれぞれメリットとデメリットがあります。例えば、Web会議のように機能が限定されるタイプの機種は対応人数も限定される傾向にありますが、安価な値段で購入することができます。このように、テレビ会議システムは様々なタイプがあるので、必要な用途に応じて機種を選んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です