あなたは何かしら企業に入っていますか?そこで重要なことは、その企業の意思統一です。そのために必要なことが会議となります。主に、この会議でその企業の方向性を定めて、社員1人1人と発展を目指していくことが企業の発展への大きな助けとなることは想像に難くありません。しかし、現在、世界的に海外進出が進められているためにグローバル化が進んでいます。

海外の資源のために進出したり、海外の国民に製品を販売するために進出したりしています。これにより海外資本を得るなりして企業はさらに成長を目指せるのですが、ここには問題点があります。物理的な距離の問題です。海外に支社を持つとその地区にいる人とコミュニケーションをとるために長い距離を超える必要があります。

この問題を解決してくれたのが「テレビ会議」です。インターネットを用いることで高速に通信し、現状を伝えられるようになっています。これは会議の即時性を高めてくれるとともに、様々な場所で開催される会議に対応可能となります。しかしながらデメリットもあります。

それは相手と直接顔を突き合せられない点が大きいです。相手の息遣い、ボディーランゲージ、細かい表情、相手との距離感などがテレビ会議では体感することが難しくなっています。テレビ会議により企業間の交流が盛んになったり、企業の巨大化が加速する可能性は大きくあります。しかしながら、これによって昔ながらの面と向かって行う会議の大切さが際立つというのは面白い話だと思いませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です