最近テレビ会議を組み込んでいるところは、増加しつつあるのですが、付加価値が非常に多くあります。テレビ会議を実施することにより、距離がある場所にいる相手方に向けて、会議室で対話しているかのような臨場感のある状態で、会議をすることが、実現可能です。まず第一に、経営者が、全ての社員にたいして、コメントを表現したいというようなケースでは、一般的にスケールの大きい会社であるほど、経営者自らが、全ての社員にダイレクトに伝えることは、今まで困難だったわけです。しかし、テレビ会議を使用する事によって、リアルタイムに、そっくりそのまま臨場感ある伝達がされます。

また、社内の研修をより、一層合理的に行うことができます。簡単に説明すると、労力をかけて本社に足を運ばなければ、講義を受けることができなかった局面で、テレビ会議を用いることで地方の営業所にいて、会社の本部に行かなくても、講習が受けられますので、実用的に研修を受けることになります。これについては結論として、人件費の節減にも結びつきますし、交通費のカット、そして研修の場を確保することのカットにも直結しますので、経済的な効果も大きいと考えられます。さらに情報伝達は、視覚の情報が大部分を成立させているといわれており、テレビによる会議を使うことで、効果的な意思疎通を行うことができます。

以上のように有効にテレビ会議が活用されれば、会社にとっても大変有益なものとなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です