最近話題となっているビジネスフォンというカテゴリがありますが、これは一体どのような特徴やメリットがあるのでしょうか。まずこの媒体は複数の外線と内線電話を共有できるという電話機のシステムであり、主に業務用として活用されているのが特徴です。またビジネスフォンにはビジネスに必須となる転送機能や留守番電話の機能なども備わっていますので、業務の効率化には非常に適しているでしょう。システムを少し掘り下げて説明しますと、外線と内線を管理している主装置の部分と、実際に電話をかける部分の端末を組み合わせる事によって成り立っているシステムなのです。

ビジネスフォンはそれぞれの端末に内線の番号を設定する事ができますので、社内から発信はもちろん、通話もできるのがメリットです。大企業ともなれば同じ部署でも担当者が遠くのデスクにいる場合もあるでしょうから、内線電話の使用でスムーズに繋げる事も可能です。業務の効率化はもちろんですが、社員同士のコミュニケーションのやり取りもスムーズになりますので、効率化におけるメリットも含まれているのが特徴です。さらに近年ではスマホに対応したアプリ型のビジネスフォンも登場しているのが見逃せません。

内線や外線だけではなく、違うデスクの電話に転送できますので、直接担当者の端末に電話を繋ぐ事が実現します。そしてクラウド型対応の環境であれば、社内だけではなく、社外の電話に転送するといった部分まで対応できるのが優れたポイントとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です