複数の外線と内線を共有して電話業務の効率化が実現できるのが近年注目されているビジネスフォンですが、導入するにあたって注意すべきポイントや、どの部分を重視して検討するのかを見ていきましょう。まず最低限知っておきたい3つのポイントとして挙げられるのが、どんなビジネスフォンを選ぶかといった部分です。様々なメーカーがビジネスフォンの販売を行っていますので、メーカーによって搭載されている機能が様々であったり、接続台数の制限なども差があるのが現状ですので、あらかじめ事業の規模から必要となる電話の台数や、必要な機能などを決めておく事が大事です。そしてさらに注意して検討したいのが、システムの導入費用の部分でしょう。

先述の事業規模などの部分にも共通してきますが、利用環境や機能などによって料金が大幅に異なってくる事が珍しくありません。スマートフォンなども含めた外部との電話の接続を希望されるケースであれば、クラウド型も必須となりますので環境を整備する費用や工事費なども発生するケースもあるでしょう。サービスを提供している会社は多数ありますので、自社の目的に合ったメーカーにいくつか相見積もりを取って比較するのが無難な選択方法だと思います。最後の3つ目のポイントですが、契約後に必要となってくる支払いの方法にも注意が必要です。

大きく分けると一括購入型と、リース購入の2種類が存在していますが、どの程度の期間の利用予定があるのかなど、相見積もりの部分でもチェックしておいて決定する事をおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です