業務用タブレットはこれから多くの企業で採用され続けることでしょう。それは、スマートフォンと同様に、年々進化を続けており、その実用性を評価する声が高まっているからです。パナソニックのタフパッドは、まさに業務用のタブレットとしてはとても適した端末であると言えます。パナソニックは元々、業務用の機器を作ることに長けています。

ノートパソコンでいうと、レッツノートがそれにあたります。レッツノートはその頑丈さから、物理的にはそう簡単に壊れません。そのため、メディアでも頻繁に取り上げられた結果、多くのビジネスマンが持つ端末の一つとなっています。そういったノウハウがタブレットにも活かされ、タフパッドが出てきたと言えるでしょう。

このタフパッド、大変頑丈であることから、モノや人が頻繁に動く、工場や物流センター、また、相当な振動が生じる工事現場でも重宝されています。また、タブレットが必要なのはそういった人だけではありません。アップルのiPadについて、すでに多くの小売業で導入されています。今、発売されている端末で、iPad以上の高繊細な端末はありません。

そのため、例えばアパレルや百貨店のような、モノをできるだけきれいに見せたいと考える企業で導入が進んでいます。タブレットは片手でも自由に持ち運べ、立っていても使えますので、大変便利です。こういった現場での導入が今後も進んでいくでしょうから、有望な市場であると言えます。SFAのことならこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です