業務用のタブレットは、一般の方用と違って、ある程度の条件が求められます。一般用のタブレットであれば、高性能であることが優先され、実際にアップルのiPadはそういった需要に向けて市場に投入されています。しかしiPadの場合は、他企業の端末に比べて頑丈さに劣るということがあります。それでも、アパレル店舗や百貨店においては、より高繊細な表示がされることが重要になってきますので、そういった場所では導入する価値は大いにあります。

逆に、物流センターや工場などのような、裏方の現場においては、そこまでの性能は必要ありません。そこで、業務用のタブレットとして導入価値があるのが、パナソニックのタフパッドです。物流現場や工場などでは端末を床に落としてしまう可能性が高いため、ある程度の頑丈さが求められます。その点、パナソニックは優れています。

ノートパソコンとしてレッツノートというブランドを市場に投入しておりますが、これはとても頑丈な端末として、業務用としても大変評価が高いです。そのパナソニックが現在、業務用として投入しているタブレットが、タフパッドです。大きな画面の端末もありますので、従業員がみんなで閲覧するにも適した端末です。ノートパソコンがこのような場合、本来は適しているのでしょうが、やはりある程度の場所が求められますので、タブレットの方が良い場合も多いことでしょう。

一般的には利用者が停滞していますが、ビジネス用はこれからも拡大が見込める市場です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です