組み合わせた証券を比較する - 投資する資金で証券を比較

組み合わせた証券を比較する

証券への投資というと、株式への投資や債券への投資などが主なものとなります。これらを発行した企業から直接購入するというのが一般的で、取扱金融機関が媒介するとはいえ、発行体の企業との間で資金とリスクの融通が行われます。

証券比較を検索してみてください。

直接投資をするというのは良い方法なのですが、個別の証券を保有することによるリスクは非常に高いと言えるでしょう。



例えば100万円の資金があって、それをある企業の株式に全額投資をした場合、もしもその企業が債務超過などで破綻すれば、投資した資金をすべて失うこととなります。

このリスクは非常に大きいと言わざるをえないでしょう。ですから、投資をするのなら、個別の一つのものに集中させるのではなくて、幾つかに分散して組み合わせるのが良いです。



こうすれば、個別で保有する場合と比較して、リスクを抑えることができるのです。


例えば、株式の場合には40銘柄くらいに分散するのはふつうのことだといえるでしょう。しかし、資金の問題があって、40銘柄も買うことが出来ないという場合もあります。


1銘柄あたり10万円くらいの投資金額であったとしても、40銘柄なら400万円となりますから、資金的に厳しいこともあります。

もしも資金的なことが問題なのであれば、投資信託やETFなど、最初からいろいろな資産が組み合わされている証券を保有するのは良い方法だといえるでしょう。

投資信託やETFなどでは、多くの銘柄を組み合わせているものもありますから、リスク分散には最適です。